不登校でいいじゃない

  • 2018.08.31 Friday
  • 18:03

JUGEMテーマ:いじめ

 

 

皆様ごきげんよう。

輸入生地/輸入手芸用品/輸入雑貨のショップ 

コフレhttp://coffret-j.com/店長 芝辻でございます。

 

我が家には3人子供がおりますが

2番目と3番目は中学生と小学生で何かと気がかりな

お年頃です。

 

真ん中の今中1の女の子が6年生の頃、

脅迫状のような嫌がらせの手紙を何回か

受け取っていたそうです。

学校は何か対応してくれた訳ではありません。

私たち夫婦が知ったのは今年の7月5日

娘は小学校を卒業し4か月経って

やっと言えたのでしょう。

 

それを知った私は小学校に隠蔽されたと瞬時に判断し

翌日すぐに教育委員会に連絡しました。

兵庫県の教育委員だったでしょうか

自殺した女の子の周囲の聞き取り調査などの書類を

無いものとし、

「先生、腹をくくってください」と

学校側に隠蔽を支持したのは。

頭をよぎりましたが取りあえずは行動しました。

 

結果、すぐに当時の担任から謝罪の電話が来て

「連絡するのを忘れてしまいました」と言われ

ふざけるなーって思いましたが

本当に忘れたにしても、面倒でそのままにしたにしても

どちらにしても教師としての資質は極めて欠ける教諭です。

そして問題の何通かの手紙は処分してしまったと

言われました。

今、残っていれば誰が書いたか90%の確率で

分かったのに悔しい限りです。

 

私たち夫婦がその事を知り

2か月経ちましたが

夫は今でも一人で小学校と戦っています。

彼は警察にも足を運び相談していました。

小学校にも何回か行っています。

そろそろ決着しそうですが

落しどころを見つけるのが難しそうです。

 

私は夫とは別に

弁護士と筆跡鑑定士の方3名に相談し

非常に勉強になりました。

どちらもトラブルがあってのお仕事

何百回、何千回といじめの案件にかかわっていらっしゃる

プロです。

言われたのは基本的に学校は関連書類は出さないという事、

下手をするといじめも無いことにされてしまうとも。

そして都心部から離れれば離れるほど対応も酷いと指摘していました。

東京は弁護士会やいじめなど

電話での相談窓口があるのですが

各都道府県や市町村にもあるかと思います。

今、悩んでいる方、お調べになってください。

専門家の助言は参考になります。

(ただし全員ではありませんよ)

 

このブログでお伝えしたい事は3つ。

まず1つ目

脅迫状など嫌がらせの手紙の文字ですが

わざと丸文字にしたり角ばらせたりしても

筆跡鑑定をすれば分かるそうです。

皆さん自信ありげにおっしゃっていました。

左手で書いても分かるそうです。

 

2つ目

何かいじめの物的証拠が有った場合

絶対に現物を学校に渡してはいけません。

渡すならコピーや写真を。

でないと我が家のように対応ができなくなります。

 

3つ目

これが一番重要ですが

不登校で上等!です。

私は子供たちに

「死にたいぐらい嫌だったら学校には行かなくていい」と

年に何回か言っています。

親の立場からすれば

何も知らされず、ある日突然子供が自ら命を絶ったなんて

これ以上悲しい事はないでしょう。

しかも他人の子にいじめられてですよ。

一生許せないという重い気持ちと向き合っていかなければ

いけないのです。

ちなみに私はそんな嫌がらせの手紙をもらっていたなんて

全く気が付きませんでした。

子供はいじめを隠すんですね。

 

思えば3月の上旬だったでしょうか、

担任がやたらと何人かの

特定の男の子を怒ってばかりだとは

既に聞いていて

クラスの雰囲気は最悪、

行きたくないな〜っと言っていたことがあり

その嫌がらせの手紙の時期とダブっていました。

私は当時、例のごとく

「どうしても嫌だったら卒業まで数週間しかないし休んでよし」と

言いました。

そしたら会いたい友達もいるからとの返事だったんですね。

これが話せるお友達がいなかったら。。。

でも娘は今でも言っています。

「女の子の友達を作るのが怖い」と。

後遺症ですね。

そして2度ほど病院にも行きました。

かわいそうですが、自力で乗り越えるしかなく

私は何か良いきっかけになるような映画や本を提供し

見守ることしかできません。

 

そろそろ新学期が始まります。

今、もしいじめで悩んでいる子が

このブログを訪れてくれていたら

どうか頭の中で繰り返してほしい

「死ぬほど嫌だったら学校には行かなくてもいいんだよ」と。

そして誰かに

「助けて!」って言って下さい。

勇気がいる事だけどね。

お父さんでも、お母さんでも、

まわりの大人に言ってみて。

そこからきっと何かが変わると思います。

もし何も変わらなかったら

ここに戻ってきて。

連絡してください。

一緒に考えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM